« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

雨の日のキャンプは?

キャンプはまさに自然との対話なのです。
え?いきなりなんだ!って?

せっかく出かけた旅先で、雨に降られて予定変更~
なんてことないですか?
そんなとき、子供はぐずるし、大人もヒマ。。
TV観たり、PSPしたりで結局家にいるのと変わりないじゃん!
そんなお父さんのためにちょっとしたアイディアを。。

一本の紐を利用して工作してみましょう。
いつだかテレビで観たのですが、「たが結び」なるものがあるんだそうです。
(ネットで調べたのですがいまだに不明。知っている人がいたら教えてください。)

今回は「たが結び」で、コースターを作ってみます。
↓完成するとこんなん
Mixi_0002
これって、どこかの文化財で見たことあるなぁ~
お客さんにお出しする茶托に利用したりすると、「おや?これは?」なんてことになって、結構面白いです。

もっとバリエーションがあるラシイのですが、これも不明。
(知っている人がいたら教えて!)
Mixi_0001

詳しい作り方は、下のビデオでネ!


Japanese Rope Work - Amazing videos are here

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

アルコールバーナー

mixi友達であり、リバーレイド仲間「パッセイオさん」の日記に「アルコールバーナーの話です!!!」ってーのがアップされていました。

これ、今年の「リバーレイド」でエコタスクとして出題された工作だったンです。

そーいえば、作り方を書いた紙があったはず。。
どこいった?
「ゴソゴソ…」
あった!

早速もう一度作ってみましょう!
Mixi2_0001
350mlのアルミ缶を使います。
写真は、バーナー上部。
虫ピンで、バーナー部分の穴を空けます。

Mixi2_0002
ここはカッターで切り取っちゃいます。

Mixi2_0003
ひっくり返して、3cm幅のところに線を引いてから、切り取ります。
同じようにして底になる部分も切り取ります。(こっちは穴を空けちゃダメ)

Mixi2_0005
4cm幅の板を切り出します。
ハサミで綺麗に切れますヨ

Mixi2_0006
そしたら、缶の内径より小さめ(底の丸い部分を目安)に丸めて、ホチキスで止めます。
底にあたる部分に、4箇所くらい切り込みを入れます。(写真で見えるかな?)

Mixi2_0007
底になる部分は、合わせやすくするために、蛇腹をつけておくと良いかも。。

Mixi2_0008
はい。完成!
切断面は適時、鉄ヤスリかなんかで、削っておくと綺麗に仕上がります。
私は、道路のアスファルトでガシガシ削っちゃいました。
(子供の頃、びんコーラかなんかの王冠を道路で削りませんでした?)

Mixi3_0001
燃料は、エチルアルコール。
ホームセンターとかドラッグストアで、1Lで350円くらい。

Mixi3_0002
10mlくらいの燃料で、約5分間の調理が可能です。
ただ、風に弱いのと、コトグが無いのが欠点かな?
これも、作らなくては…
昼間だと、炎が見えないので危うくヤケドするところでした。

一個作っておくと、災害時なんか便利じゃないでしょうか?
もう少し調べて、今度は「加圧式」ってーに挑戦してみようと思っています。

HowToビデオも作ってみました。
観てね!


The Alcohol Heater Made with an Empty Can. - The best home videos are here

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

タケコプター

ドラえもん達の必須アイテム「タケコプター」。
子供のころ、欲しくて欲しくてたまらかったですよね?

このあいだ、JALの機内誌に載っていたコラムに目が釘付けになりました。
完成したみたいなんです「一人乗りのヘリコプター」が!
ゲン・コーポレーションの「GEN H-4」です。

まだまだ日本の企業も捨てたもんぢゃありません。
ここの社長さんの名前が「柳沢源内」さん。
おー平成の「平賀源内」なのですね!

まだ試験機登録なので、限られた範囲した飛べないみたいですけど、飛行に要求されるスペックは充分満たしていると思います。
災害救助などに活躍が期待できます。

気になるお値段は600万円!
買えないヤ。。

以下に動画をおいておきますネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

フォールディング・トレーラー(内部)

前々回にちょっとお伝えした「フォールディングトレーラー」。
久しぶりの晴れ間をぬって、展開して湿気を飛ばします。
Sany0011
つでに、内部をちょっとご紹介。。

Sany0002
前部ダブル・ベッドは大人2人が楽に寝られるサイズ。
「ちょっと寝てみて!」
Sany0013
身長180cmくらいでもラクラクOK!

Sany0005
AC100Vコンセントや、小物入れもあります。
サブバッテリーはついていないので、AC100Vは外部電源接続時のみ使用可能。

Sany0001
後ろから見るとこんな感じ。
畳んだときに天井となる部分が、開くと板張りの床になる仕組み。

Sany0007
マイミクのtakuさんの座っている部分が、収納時の天井部分。
地べたに寝なくてイイので、就寝快適度は大です。
入り口のファスナーに接続すると、リビングになる「サファリテント」も付属していました。
通気性も◎
う~ん。地球に生まれてよかったぁ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ハカラメ兄弟

昨年から育てている不思議な植物「ハカラメ」。
なんで不思議かって?
落葉すると葉脈から芽が出て自分の分身を増やしていくからなンです。

随分と前に、葉から芽が出て成長してゆく過程を書いたのですが、
最近になって、ハカラメ兄弟の「近藤スパ太郎」さんの日記に触発されて、現在の状況をお伝えします。
あ、兄弟ってのは、同じ採取場所からもらったハカラメを育てているからですヨ。
ハカラメ妹の「K子」さんは、挫折しちゃったみたいで行方知れず。
(K子さん元気?)

スパちゃんのハカラメはBlogを見るとちょっと危機的状態にあるみたいです。
うちのは2年目。
昨年の冬を命からがら乗り切って、ご覧のとおり。。
Mixi_0001
2鉢とも同じ条件で育てたのですが、右側のほうは寒さに耐え切れずに、葉が落ちてしまい、そこから茎が萎んで取れてしまいました。
左側のほうも寒さ被害にあっていますが、なんとか先っぽの葉が残ったために、茎が成長したようです。
下のほうの葉が1年目のもので、上のほうで「波平」状態なのが2年目の葉。
一年で約20cmくらい伸びるンです。

下のほうの成長した葉は、ある日ポロっと落ちちゃいます。
で、放っておくと、「ある」条件で発芽するみたいです。
Mixi_0002
憶測に過ぎないのですが、空気中の水分量が発芽に作用するような気がしてなりません。
このへんを長男に「夏休みの自由研究の題材にしては?」と持ちかけたのですが、拒否されてしまいました(泣;

Mixi_0003
茎が取れてしまった方の葉は、落ちないです。
なので、当然発芽しません。
同じ条件で成長しているハズなのに、片方は虚弱体質。
なんでだろ?
まだまだ謎は深まるばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

新しいカヌーとトレーラー

といっても両方とも中古品。
カヌーは、友人から「使ってないからア・ゲ・ル」と言われて、頂いてしまいました!
Mixi_0001
コールマン製のRAM-X15というヤツ。
先日のリーバーレイドで乗ったのと同じですが、釣りに使っていたとかで、フレームがガッチリ補強されています。
Mixi_0002
イスも手作り。
着座位置が若干下がっていて、安定性がUP
もともとVボトム形状なので、さらに操作性が上がっているンじゃないかしら?
乗るのが楽しみです~

さらに、ここ一週間、友達とたくらんでいたのが、ジムニー&トレーラー計画。
小型のオーストラリア製のトレーラーを手放す人がいたので、譲ってもらうことに。。
Mixi2_0001
展開して設置するタイプのトラベル・トレーラーのことを「フォールディング・トレーラー」って言います。
Mixi2_0002
後ろから見るとこんな感じ。
Mixi2_0003
移動のときは、畳んでコンパクト!
軽自動車のジムニーでもラクラク引っ張れます。
展開時の幌の状態もたいへん良くて、みんな大満足。
室内も、思いのほかキレイで、大人4人がラクラク就寝できるサイズ。
室内レポは、また後日ネ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »